知能情報システム工学講座

将来ロボットが身近な存在になったとき、人間とロボットはどのような関係になるのでしょうか?人間とロボットが仲良くなるためには、ロボットは周囲の環境を認識し、認識した情報を理解し、機械や人に上手に伝えていく必要があります。

本講座では、ヒトとロボットが共に協力して新たな価値を創造していくことを目指して、知的な情報システムの技術開発を行っています。

キーワード 福祉支援ロボット、教育支援ロボット、遠隔操作支援ロボット、運転支援ロボット、ヒューマン・ロボットインタラクション、ヒューマンインタフェース、



Copyright (C) 2007- 2019 ISDE, Toyama Prefectural University. All Rights Reserved