学科紹介

知能ロボット工学科は、プログラムや回路図読める機械技術者、機械加工やプログラミングできる電子技術者、回路製作や機械設計できる情報技術者を育む学科です。

本学科は、機械工学・電子工学・情報工学という三つの工学分野の知恵を組み合わせて、賢いロボットや賢いコンピュータなどの設計ができる人材の育成を目標にしています。三つの工学分野の基礎を広く学ぶとともに、その中の一つの分野を選んで深く学ぶことによって、ある一つの専門分野の知識と技術だけでは解決が困難な問題にも幅広い視野で果敢に挑戦し、その問題を解決することができようになるからです。

賢いロボット、賢いコンピュータ、賢い機械、賢い電子材料をつくってみたいなぁと思っている君にぴったりの学科です。

知能ロボット工学科には次の4つの研究グループ(講座)があります。

機能ロボティクス講座 メカトロニクス技術を基盤とした柔軟で高機能な知能ロボットや医療福祉ロボットの研究を行っています。
知的インタフェース工学講座 視覚や聴覚などヒトの脳における情報処理の仕組みの解明や、ヒトと同じような柔軟な情報処理ができる賢いヒューマン・インタフェース技術などの研究を行っています。
知的センシング工学講座 ロボット、自動車、工作機械を賢く働かせるシステムを小型・軽量・高機能にするための加工や計測の研究を行っています。
知能情報システム工学講座 生活支援・減災活動支援・学習支援・運転支援などに貢献するために、ヒトとロボットが協調して新たな価値を創造する知的情報システムの研究を行います。

機械・電子・情報の工学分野の基礎知識と先端技術を身につけ、幅広い視野で次世代の賢いシステムの設計や開発に挑戦する意欲のある人を歓迎します。

知能ロボット工学科の自己点検評価報告書及び外部評価報告書は、大学評価のページでご覧いただけます。




Copyright (C) 2007- 2019 ISDE, Toyama Prefectural University. All Rights Reserved