アドミッションポリシー

アドミッションポリシーとは?

アドミッションポリシー(admission policy)というのは、「こういう学生に入学してほしい」という本学科の希望で、入学者選考の基準です。

 

 

 

工学部知能デザイン工学科のアドミッションポリシー

  1. 自然科学に興味を持ち、科学技術の基盤となる理系の基礎学力がある。
  2. 困難な問題に直面しても、問題の解決に向けて努力しようとする。
  3. 自分で考え、自分の言葉で表現しようとする。
  4. 自然・環境や人間を大切にし、自らの活動を通して社会に貢献したいと思う。

 

知能デザイン工学科では特に次のような人を求めます

機械・電子・情報の工学分野の基礎知識と先端技術を身につけ、幅広い視野で次世代の賢いシステムの設計や開発に挑戦する意欲のある人。

 

 

 

大学院工学研究科知能デザイン工学専攻のアドミッションポリシー

  1. 専門分野における基礎学力を備え、最先端の知識や技術を学ぶ熱意がある。
  2. 幅広い視野をもって、新しい技術課題や研究課題にチャレンジする意欲がある。
  3. 自然・環境を大切にし、高度の専門技術者または研究者として、地域及び国際社会に貢献しようとする意欲がある。

 

知能デザイン工学専攻では特に次のような人を求めます。

機械工学・電子工学・情報工学のいずれかの学問領域に軸足を置き、3領域にまたがる広範かつ高度な専門知識を身につけて、幅広い視野をもって次世代の賢いシステムとそれを支える新技術の開発や設計ができる技術者や研究者になる意欲のある人。

 




Copyright (C) 2007- 2017 ISDE, Toyama Prefectural University. All Rights Reserved