知的インタフェース工学講座

study04

 

 私たちは目で見た物や耳で聴いた音が何であるかを苦労せずに認識していますが、コンピュータはこのようなことが苦手です。

 

 本講座では、人間の柔軟で優れ た視覚や聴覚などの情報処理の仕組みを明らかにする研究と、人間と同じような能力をコンピュータに持たせるための”賢い”インタフェース技術の研究を行っ ています。これらの研究から、人間と環境に優しく、人間のように賢くふるまう情報処理システムを創り出すことをめざしています。

 

キーワード パターン認識、ヒューマンインタフェース、生体情報工学、バイオエレクトロニクス、ブレイン・マシン・インタフェース



Copyright (C) 2007- 2017 ISDE, Toyama Prefectural University. All Rights Reserved