ロボット制御工学の講義を,プレゼンロボット「まさる君」と「ドンマス教授」ロボットが実施しました

2019/01/17

 

2019年1月16日(水) 2年生を対象としたロボット制御工学の講義で,

プレゼンロボット「まさる君」と大学PRキャラクターの「ドンマス教授」ロボットが講義を行いました.

まさる君は,富士ソフト製ヒューマノイドロボットPALROに本学科の増田講師の研究室で開発した知能を搭載して,講義を行うことができるロボットです.

ドンマス教授ロボットは,大学PRキャラクターのドンマス教授を本学科の小柳教授と増田講師がロボット化しました.

講義時間はおよそ70分.まさる君が自律的に,知能ロボットに関する現状と知能ロボット工学科に関する説明を行いました.まさる君は,クイズをしたり,単語の補足説明をしたりして,受講生とインタラクションをとっていました.

ドンマス教授は身長約150cmと大きな魚体をもっているため,その存在感に受講生は興味津々のようでした.講義では,自己紹介をした後,まさる君の説明に「ふむふむ」など合いの手を入れていました.

 

講義の様子は,各種新聞等でも掲載されました.

また,1月17日にBBT プライムニュースチャンネル8とチューリップテレビ ニュース6にて講義の様子が紹介されます.是非ご覧下さい.




Copyright (C) 2007- 2019 ISDE, Toyama Prefectural University. All Rights Reserved