日本語 | English
森重 健一(Ken-ichi Morishige)

研究内容

  1. 脳の運動制御のメカニズムの解明
  2. 人間がどうやって巧みな運動を行っているか、脳の仕組みを明らかにしたいと考えている。そのためには人間がどういうメカニズムで運動を行っているかを理解する必要があり、計算理論を構築するというアプローチで研究を行っている。構築した計算理論は行動実験や筋電計測、シミュレーションなどを通して検証を行っている。人間の運動制御の計算理論が構築できれば、よりよく人間の運動のシミュレーションを行うことができると同時に、より人間らしく動作するロボットを作るための基礎となると考えている。

  3. ノイズがあっても使えるBrain-Machine Interfaceに関する研究
  4.  脳波・脳磁図は脳の神経活動に伴って生じる信号であり、計測される信号の中には運動・判断に関する有益な情報が詰まっている。しかし、それらに含まれる脳活動の信号は極めて小さく、様々なノイズに埋もれている。この研究では、脳活動を反映した信号を取り出したり、解読する技術の開発に取り組む。

  5. ニューロフィードバックによる認知機能改善に関する研究
  6.  作業記憶は、情報を一時的に保持する能力であり、そのような人間の認知機能は加齢とともに低下していく。そのため、本人が知らず知らずのうちに実生活を送ることに支障を来すケースが見受けられる。本研究では、神経科学の知見やBrain-Machine Interfaceの技術を用いて、高齢者が自分自身の認知機能の状態を把握し、それらの機能を改善するための回復支援システムを開発することを目指す。


経歴


 2006年3月
 九州工業大学 大学院生命体工学研究科 脳情報専攻
 博士後期課程 修了 (博士(情報工学))
 2006年4月 - 2007年3月
 富山県立大学 工学部 知能デザイン工学科 助手
 2006年10月 -2007年3月
 ATR脳情報研究所 客員研究員
 2007年4月 - 2011年3月
 富山県立大学 工学部 知能デザイン工学科 助教
 ATR脳情報研究所 連携研究員
 2011年4月 - 現在
 富山県立大学 工学部 知能デザイン工学科 講師
      ATR脳情報通信総合研究所 連携研究員

研究業績

  1. 論文
    1. Rieko Osu*, Ken-ichi Morishige*,  Jun Nakanishi, Hiroyuki Miyamoto, and Mitsuo Kawato, "Practice reduces task relevant variance modulation and forms nominal trajectory," Scientific Reports, 2015 Dec 7;5:17659.
      ( * These authors contributed equally to the paper)
    2. Ken-ichi Morishige, Taku Yoshioka, Dai Kawawaki, Nobuo Hiroe, Masa-aki Sato, and Mitsuo Kawato, " Estimation of hyper-parameters for a hierarchical model of combined cortical and extra-brain current sources in the MEG inverse problem," NeuroImage, 101, pp.320-336, 2014.
    3. 森重健一,川脇大,吉岡琢,佐藤雅昭,川人光男, “脳磁図逆問題における複数のアーチファクト源と脳分布電流の同時推定法”,電子情報通信学会論文誌(D),Vol.J93-D,No.2,pp.127-138,2010.
    4. Ken-ichi Morishige, Dai Kawawaki, Taku Yoshioka, Masa-aki Sato, and Mitsuo Kawato, "Artifact removal using simultaneous current estimation of noise and cortical sources," Lecture Notes in Computer Science, Volume 5506, pp.336-343, 2009.
    5. Ken-ichi Morishige, Rieko Osu, Hiroyuki Miyamoto, Mitsuo Kawato, "How can we realize skillful and precise movements?" International Congress Series, 1301, pp.188-191, 2007.
    6. 森重健一,大須理英子,上村直樹,岩崎裕志,宮本弘之,和田安弘,川人光男,“比較的速い運動におけるフィードフォワードインピーダンス制御による精度の向上”,電子情報通信学会論文誌(D),Vol.J89-D,No.7,pp.1588-1598,2006.
    7. Ken-ichi Morishige, Rieko Osu, Hiroyuki Miyamoto, and Mitsuo Kawato, "The source of variability in the time course of reaching movements," International Congress Series 1291, pp.105-108, 2006.
    8. 森重健一,上村直樹,岩崎裕志,宮本弘之,和田安弘,大須理英子,川人光男,“熟練到達運動において目標軌道は存在するか”,電子情報通信学会論文誌(D-II),Vol.J88-D-II,No.12,pp.2358-2367,2005.
    9. 森重健一,宮本弘之,大須理英子,川人光男,“経由点到達運動の位置分散は軌道計画・実行の逐次モデルを支持する”,電子情報通信学会論文誌(D-II),Vol.J87-D-II,No.2,pp.716-725,2004.
  2. 国際会議論文
    1. Ken-ichi Morishige, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “EEG denoising and decoding of smooth pursuit eye movements by using Extra-Dipole Method,” 46th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (SfN2016), Online Proceedings, 55.30, San Diego, 2016.
    2. Ken-ichi Morishige, Nobuo Hiroe, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “Reconstruction of target velocity for overt/covert visual pursuit by using cortical currents estimated from MEG data,” 45th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (SfN2015), Online Proceedings, 830.20, Chicago, 2015.
    3. Ken-ichi Morishige, Nobuo Hiroe, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “Estimation of cortical and extra-brain source currents from real MEG data using hierarchical Bayesian method,” 44th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (SfN2014), Online Proceedings, 188.06, Washington DC, 2014.
    4. Ken-ichi Morishige, Taku Yoshioka, Masa-aki Sato, and Mitsuo Kawato, "Systematic determination of hyperparameters on VBMEG improves the estimation of cortical and artifactual dipole currents," 41th Annual Meeting of the Society for Neuroscience (SfN2011), Online Proceedings, 625.03, Washington DC, 2011.
    5. Ken-ichi Morishige, Takayuki Kurokawa, Masayuki Kinoshita, Hironobu Takano, and Tatsuya Hirahara, "Prediction of head-rotation movements using neck EMG signals for auditory tele-existence robot "TeleHead"," Proceeding of the IEEE RO-MAN 2009, pp.1080-1086, 2009.
    6. Ken-ichi Morishige, Dai Kawawaki, Taku Yoshioka, Masa-aki Sato, and Mitsuo Kawato, "Artifact removal using simultaneous current estimation of noise and cortical sources," 15th International Conference on Neural Information Processing of the Asia-Pacific Neural Network Assembly, APNNA" (ICONIP2008), pp.204-205, 2008.
    7. Ken-ichi Morishige, Hironori Abe, and Tatsuya Hirahara, "Auditory telepresence robot control using neck EMG signals," 3rd Japan-China-Korea Joint Workshop on Robotics, Poster session Abstracts, pp.9-10, 2008.
    8. Ken-ichi Morishige, Rieko Osu, Naoki Kamimura, Hiroshi Iwasaki, Hiroyuki Miyamoto, Yasuhiro Wada, and Mitsuo Kawato, "How can we realize skillful and precise movements?" Proceeding of the BrainIT2006, page 79, 2006.
    9. Ken-ichi Morishige, Rieko Osu, Hiroyuki Miyamoto, and Mitsuo Kawato, "Adequacy of the hierarchical feedforward control schema," Proc. The Second International Conference on Brain-inspired Information Technology, page 54, 2005.
    10. Ken-ichi Morishige, Rieko Osu, Hiroyuki Miyamoto, and Mitsuo Kawato, "Necessity of desired trajectory for reaching movements," Proc. The Fifth POSTECH-KYUTECH Joint Workshop on Neuroinformatics, pp.17-18, 2005.
  3. 総説・解説等
    1. Rieko Osu*, Ken-ichi Morishige*,  Hiroyuki Miyamoto, and Mitsuo Kawato, "Feedforward impedance control efficiently reduce motor variability," Neuroscience Research, 65 (1), pp.6-10, 2009. ( * These authors contributed equally to the paper)
    2. 森重 健一, “ASCONE2007「脳科学への数理的アプローチ」特別講義 丹治順 大脳 運動前野と前頭前野のはたらき”,神経回路学会論文誌,Vol.15,No.1, pp.59-72,2008.
  4. 国内外学会口頭発表
    1. Tomoki Ishikawa, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, Ken-ichi Morishige, “Reconstructing two-dimensional visual target trajectories from EEG cortical currents during smooth pursuit eye movements,” 第38回日本神経科学大会(Neuroscience2015), 神戸国際会議場(神戸市), 2015年7月.
    2. Ken-ichi Morishige, Nobuo Hiroe, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “Evaluation of artifact removal method using measured EEG data during overt/covert visual pursuit tasks,” 第38回日本神経科学大会(Neuroscience2015), 神戸国際会議場(神戸市), 2015年7月. 
    3. 桐林芳成,森重健一,佐藤雅昭,川人光男,“円滑性追跡眼球運動中のEEGを用いた眼電流と皮質電流の同時推定法の開発,” MEとバイオサイバネティックス研究会、バイオメトリクス研究会(信州大学),2014年9月.
    4. Ken-ichi Morishige, Tomohiro Inoue, Nobuo Hiroe, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “Spatial-temporal representations of cortical currents estimated from MEG data during Overt/Covert visual pursuit,” 第37回日本神経科学大会(Neuroscience 2014), パシフィコ横浜(横浜市), 2014年9月.
    5. Ken-ichi Morishige, Nobuo Hiroe, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “Evaluation of cortical and extra-brain source current estimation with realistic simulated MEG data,” The 24th Annual Conference of the Japanese Neural Network Society, August 27-29, 2014, Hakodate, Japan.
    6. Ken-ichi Morishige, Taku Yoshioka, Shin Ishii, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “Source separation of cortical and extra-brain source activities in real MEG data during covert pursuit eye movements”, 第36回日本神経科学大会・第56回日本神経化学会大会・第23回日本神経回路学会大会・合同大会(Neuro2013), 京都国際会館(京都市), 2013年6月.
    7. 森重健一,山田健人,吉岡琢,石井信,川人光男,佐藤雅昭,“異なる日に計測したEEGデータを用いた眼電流と皮質電流の同時推定法,” 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,2013年5月(つくば国際会議場).
    8. Ken-ichi Morishige, Mitsuo Kawato, Masa-aki Sato, “Online EEG denoising method based on generalized inverse filter on different days”, The 21st Annual Conference of the Japanese Neural Network Society, Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (Onna-son), December 2011.
    9. Ken-ichi Morishige, Takatsugu Aihara, Mitsuo Kawato, Rieko Osu, Masa-aki Sato, “Isolating cortical activities from artifacts in simulated EEG data during smooth pursuit eye movements”, 第34回日本神経科学大会(Neuroscience 2011), パシフィコ横浜(横浜市), 2011年9月.
    10. Taku Yoshioka, Ken-ichi Morishige, Mitsuo Kawato, Masa-aki Sato, “Gaussian mixture prior distribution on artifactual current for MEG inverse problem”, 第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会・合同大会(Neuro2010),神戸コンベンションセンター(神戸市),2010年9月. 
    11. Ken-ichi Morishige, Taku Yoshioka, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “Methodology for the cortical and artifactual dipole current estimation from MEG measurement”, 第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会・合同大会(Neuro2010),神戸コンベンションセンター(神戸市),2010年9月.
    12. 黒川 貴行,森重 健一,平原 達也,“テレヘッド制御のための頸部筋電位を用いた頭部回転運動の推定”,電子情報通信学会 応用音響研究会技術報告 Vol.109, No.240, EA2009-72, pp.95-100 (2009. 10 長岡)
    13. 黒川 貴行,森重 健一,平原 達也,木下 正之,高野 博史,“頸部の筋電位を用いた聴覚テレプレゼンスロボットの制御”,平成21年度 電気関係学会北陸支部連合大会 講演論文集,p. F-75,北陸先端技術科学大学,2009年9月.
    14. Taku Yoshioka, Ken-ichi Morishige, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “An analysis of MEG artifacts caused by heartbeat”, 第 32 回日本神経科学大会 (Neuroscience2009),名古屋国際会議場(名古屋市),2009年9月.
    15. Rieko Osu, Ken-ichi Morishige, Hirokazu Tanaka, Hiroyuki Miyamoto, Mitsuo Kawato, “Motor control strategy inferred from trajectory variance modulation”, 第 32 回日本神経科学大会 (Neuroscience2009),名古屋国際会議場(名古屋市),2009年9月.
    16. Dai Kawawaki, Tomohiro Shibata, Okito Yamashita, Yusuke Fujiwara, Ken-ichi Morishige, Masa-aki Sato, Mitsuo Kawato, “Cortical current sources estimated by VBMEG better predict visual target motion during covert pursuit than MEG sensor signals.” 第 31 回日本神経科学大会 (Neuroscience2008), 東京国際フォーラム(東京),2008年7月.
    17. 森重 健一,川脇 大,吉岡 琢,佐藤 雅昭,川人 光男,“複数のノイズ源と大脳皮質の同時電流推定によるMEGアーチファクト除去”,電子情報通信学会NC研究会,琉球大学(沖縄),2008年6月.
    18. 森重 健一,大須 理英子,上村 直樹,岩崎 裕志,宮本 弘之,和田 安弘,川人 光男,“要求される正確さが筋インピーダンスに及ぼす影響”,日本神経回路学会第16回全国大会JNNS2006 講演論文集,pp.184-185,名古屋大学工学部(名古屋市),2006年9月.
    19. 森重 健一,大須 理英子,宮本 弘之,川人 光男,“フィードフォワードインピーダンス制御は運動精度の向上に寄与する”,玉川COEと九工大COEの合同研究会(箱根),2006年3月.
    20. 森重 健一,上村 直樹,岩崎 裕志,宮本 弘之,和田 安弘,大須 理英子,川人 光男,“到達運動における運動計画の必要性”,日本神経回路学会第15回全国大会JNNS2005,講演論文集,pp.142-143,鹿児島大学工学部 稲盛会館(鹿児島市),2005年9月.
    21. 大須 理英子,森重 健一,上村 直樹,岩崎 裕志,宮本 弘之,和田 安弘,川人 光男,“課題達成のためのインピーダンス制御”,Neuro2004 第27回日本神経科学大会 第47回日本神経化学会大会合同大会,P1-189,大阪国際会議場(大阪市),2004年9月.
  5. 特許
    1. 森重 健一、川人 光男、佐藤 雅昭、藤原祐介

      出願番号:2008-157614

      出願日:平成20年6月17日

      公開番号:2009297382

      公開日:平成21年12月24日

      登録番号:特許第5266597号

      登録日:平成25年5月17日

      出願名称:脳活動情報出力装置,脳活動情報出力方法

    2. 森重 健一、川人 光男、佐藤 雅昭、吉岡琢

      出願番号:2009-222198

      出願日:平成21年9月28日

      公開番号:2011067497

      公開日:平成23年4月7日

      登録番号:特許第5343790号

      登録日:平成25年8月23日

      出願名称:脳活動情報出力装置,脳活動情報出力方法,およびプログラム



講義・演習

  • 知能デザイン工学実験1
  • 知能デザイン工学実験2
  • 脳情報学
  • プレゼンテーション演習
  • 情報数学及び演習
  • 計算論的神経科学
  • 専門ゼミ
  • トピックゼミII

連絡先


〒939-0398 富山県射水市黒河5180
富山県立大学 工学部 知能デザイン工学科
TEL: 0766-56-7500(内線351)
FAX: 0766-56-8030
e-mail: kmorishi @ pu-toyama.ac.jp

新規掲示板1[List of all topics]

test(0 replies)[Temporary...]kmorishi2013/05/13(0 vote(s))